第二新卒の転職 成功する面接の極意とは?

第二新卒の転職をする時に面接はかかせませんよね。
面接では何を聞かれるのだろう?とか少しでも良い印象を与えたい!と考えますよね。
第二新卒者の場合、面接で最も聞かれるのは前職についてだと思います。
今までどんな仕事をしてきたのか?なぜ前の会社を辞めたのか?の2点をきちんと答え、良い印象をもってもらうにはどうすればいいでしょうか?
一番の大切なのは、正直、誠実でいるということです。
面接担当者は人事のプロと言えます。
これまで様々な就職や転職を希望者と面接をしてきているのです。
そういうプロを相手に嘘をついたり良いことを言おうと取り繕っても、すぐにバレてしまうでしょう。
なので、質問に正直に素直に、そして謙虚に答えることが大切だと言えます。
第二新卒者にとって最も答えにくい質問は、なぜ前職を辞めたのか?という質問だと思います。
たとえば、労働環境が悪かったとか、契約と異なる労働環境であったという理由で退職したならば、しっかりと伝えることができますよね。
しかし、客観的にみると自分にもう少し我慢があれば良かったというような理由で退職した場合、当時の自分としては最もな理由に思えても面接ではちょっと答えにくいこともありますよね。
そういった場合、なぜ辞めたのか?という質問にはなかなか答えにくいですよね。
でも、このような場合でも正直さや誠実さが大切なんです。
たとえばこんな風に答えることができますよね。
はい。率直に言うと人間関係がうまくいきませんでした。
上司が自分と合わないと思える人だったため、耐え切れませんでした。
でも、退職してからしばらく経ち、今では自分が甘かったと思っています。
どこの職場に行っても合わないと思える人はこれからも出てくると思います。
自分に合わないと拒否するのではなく、自分と共通している部分や尊敬できる部分に注目することの大切さを今は感じています。
いかがでしょうか?言い訳するよりも、率直で素直な若者だという印象を受けませんか?
退職したのは自分の甘さや弱さだったと認めることができれば、面接官の評価はグンと上がりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です