第二新卒 転職についての考え方

第二新卒で転職を希望する場合に、前の会社を短期間で辞めたことが不利にならないかと心配する方も多いのではないでしょうか。
退職や転職することは、悪いことなのでしょうか?

▼転職は悪いことなのだろうか?
転職は昔から、あまり良いイメージではないですよね。
そして、短期間で職を変えることも良くないと捉えられることが多いと言えます。

▼でもそれってなぜなのでしょうか?
日本では、古くは終身雇用が当たり前の時代でした。
就職したならば、退職せずに一つの会社で定年まで勤めることが立派で素晴らしい働き方とされてきました。
その後時代が変わり、バブル崩壊後不景気になったため会社の倒産が相次ぎました。
よって、終身雇用の時代はなくなったと言われています。

参考サイト:第二新卒の就職・転職情報サイト-完全成功マニュアル-

今の時代では、そういった終身雇用の価値観は聞くことはありませんが、日本の中には一度入社したら辞めないことが美徳という考え方残っているとも言えます。
しかし現状では、新卒で入社後3年以内に退職する人の割合は全体の3割という統計があるようです。
新卒者の10人中3人が第二新卒という立場になって、転職をするという時代になってきているのです。

▼全体の3割は第二新卒になっている現状
一方、海外では転職について否定的な意見はほとんど聞きません。
むしろ転職は、多くの経験やスキルがある人という評価をされることだってあります。
また、転職する人は、チャレンジ精神や意欲の強い人、新しいことに取り組む行動的な人と評価されることもあるんです。
ベンチャー企業などは、むしろそのような転職者を歓迎する傾向もあります。
海外では転職に対する否定的なイメージはほとんどないんですね。
日本では、海外ほどではありませんが、徐々に転職に対するポジティブな考え方が強まっていくことは十分に期待できますね。
退職や転職に対して、後向きな気持ちではなく、ポジティブな気持ちで転職活動を行なってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です