第二新卒の転職活動 わたしはこれで失敗した

4年前に第二新卒として転職活動を経験したAさんの体験談です。
転職活動していた当時のエピソードをお聞きしました。

新卒で入社後2年程で退職しました。
退職理由は上司と合わなかったからです。
次の仕事はすぐに見つかると思って、深く考えずに退職したものの、転職活動は思ったようには進みませんでした。
今振り返ってみると当時なぜうまくいかなかったのか分かります。
①退職理由を人のせいにしていた
前の会社では、上司のパワハラに耐えかねていたため退職しまた。
ですから、その上司のせいで辞めてしまったと考えていました。
転職活動中、面接の際には上司が悪かったとはっきりと口には出さなかったものの、自分は悪くないという態度が出ていたんだと思います(笑)
でも時間が経つにつれ、上司には悪気はなく、もともと言葉がキツイだけだったのではないか。
本当は期待してくれていたのではないか。
と少しずつポジティブな考え方を持てるようになってきました。

そうすると自分の甘えが原因だったのではないかと思えるようになってきました。
そこから面接で退職理由を質問されても、社会人としての自分の甘さでしたと答えれらるようになったんです。
企業側も人のせいにしているような人を採用しょうとはしませんよね。
②どんな仕事をしたいのか明確ではなかった
転職活動がなかなか上手くいかないと、早く見つけなければと焦ってきました。
焦ってくると、自分の希望する職よりも、雇ってもらえるならどんな会社でもいいと考えていた時期がありました。
当然企業も、働きたいという意欲が感じられず印象が悪くなりますよね。
そこで自分がやりたい仕事はなんなのかをゆっくり考えるようにしました。
ちょうど気持ちが切り替わった頃、今の会社への転職が決まりました。

という転職活動における体験談をご紹介しました。
第二新卒で転職活動をする際にご参考になればと嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です